医者

ニキビ跡のクレーターを治療してキレイな顔へ~お悩み解決への道~

両ほほにできるシミを治す

スキンケア

黄体ホルモンが原因

肝斑は女性ホルモンのバランスがうまくとれないことによってできるシミで、多くの場合両ほほに現れます。この肝斑を根本から改善するには、美容クリニックで治療を受けるという方法があります。女性ホルモンにはエストロゲンと黄体ホルモンとがありますが、肝斑の原因となるのは黄体ホルモンの方だとされています。女性が更年期を迎え、更年期障害などで治療を受ける必要が出てくる頃には、エストロゲンも黄体ホルモンも分泌量が減少するため肝斑の色も薄まっていきます。黄体ホルモンにはメラニン色素を増やしてしまう作用のあることがわかっており、これが肝斑ができる原因となっています。黄体ホルモンが活発に分泌されるのは30歳代くらいで、40歳を過ぎると次第に減少していくため、この世代に肝斑の治療を希望する患者が特に多くなっているのです。

レーザートーニングで施術

肝斑をはじめとするシミは肌のもっとも下の層にあるメラノサイトがメラニン色素を作ることによってできます。一般のシミ治療に用いられているレーザーは、肝斑の治療に使うと逆にメラノサイトを活性化させてしまう恐れがあります。このため、肝斑の治療に限ってはレーザーは使えないというのが医療界において長く常識とされていました。しかしその後なんとか肝斑もレーザーで治療できないかということで、レーザービームの出力を調整し、さらに今までは山のような盛り上がった形に照射されていたレーザービームを、平らな形に照射できるように改良がなされました。こうして完成した新しいレーザーによる治療法はレーザートーニングと呼ばれており、多くの女性の悩みを救えるようになっています。