医者

ニキビ跡のクレーターを治療してキレイな顔へ~お悩み解決への道~

お肌の悩みを解決する方法

フェイス

ストッキングや化粧で隠す

思わぬ時にあざができてしまうことがあります。例えば身体の目立つ部分をぶつけて大きな青あざができることは誰にもあります。また足にあざがあってスカートをはけないという悩みを持つ女性もいます。内出血後のあざがそのままシミのように残ってしまうこともあります。根本的な解決にはなりませんが、工夫次第で目立たなくすることができます。足などにある場合は色が濃いストッキングをはくことで目立たなくできますし、腕などはカーディガンを羽織ることで隠せます。顔にあざがある場合は、ケガで傷などが残っている人用のファンデーションやコンシーラーがあるので、それを使って目立たなくすることができます。肌色に合わせて選べば、かなり隠すことができます。

レーザーで悩みを解消

ストッキングや化粧品は一時的な効果しかありませんが、根本的にあざを消すには美容整形でレーザー治療を受けるという方法があります。美容整形以外の皮膚科でもレーザー治療を受けることができます。費用はかかりますが確実に効果を上げることができます。かつては手術という方法で治療したのですが、傷が残るのが欠点だったのです。しかしレーザー治療なら傷が残らないので、誰でも治療を受けることができます。ただしあざの程度によるので、事前に医師のカウンセリングを受ける必要があります。皮膚科で治療を受ける場合は保険適用になる場合があります。それは扁平母班、異所性蒙古斑、太田母班、単純性血管種の4種類のみです。これも医師の診察を受ければ、自分のあざがどれに当たるかわかります。