女性

ニキビ跡のクレーターを治療してキレイな顔へ~お悩み解決への道~

ニキビ跡を綺麗に消すには

女性

美容外科で皮膚ケア

綺麗な肌を維持するためには、肌トラブルを残さないことが大切ですが、ストレスや疲労がたまると顔に大人ニキビが出来る場合が多く、症状が悪化してしまうと真皮まで穴が開いてしまうクレーターと呼ばれるニキビ跡が一生残ってしまう可能性があるので、クレーターが出来ないようにニキビケアを徹底する必要があります。しかし、ニキビがつぶれてしまった場合に出来てしまうクレーターは自分でケアをすることはまず不可能なため、美容外科などで適切な治療を受ける必要があります。美容外科によって治療方法は異なりますが一般的に治療に使用されているのは、レーザー治療や光治療、患部注射治療など様々な方法があり、クリニックによって変わってきます。

今後注目されるお手入れ

美容外科ではクレーターの治療として、特殊なレーザーを照射して皮膚細胞をあえて壊してしまい、体本来の自然治癒能力や再生効果を促す治療を行う場合が一般的になっています。皮膚細胞にダメージをあえて与える方法なので、肌への負担を最小限にしたい場合には、フォトフェイシャルと呼ばれる光治療が人気になってきています。フォトフェイシャルは肌の真皮層の繊維芽細胞を特殊な光によって活性化させることにより、皮膚内のエラスチンやコラーゲンなどが多く生成されるようになる事で肌の内部からふっくらとした状態に仕上げることが出来るので、自然にクレーターが目立たない状態にすることが出来ます。施術方法によって料金は異なりますので、クリニックをしっかり比較して自分に合った方法を選ぶことが大切です。

切らずに消せます

顔

子どもの頃にできた傷跡やなかなか消えない傷跡を目立たなくさせるレーザー治療という方法があります。短時間で痛みも少ないのが特徴です。どんな傷跡に合うのかやダウンタイムや痛み、料金などを知っておくとレーザーを選ぶ時に役に立ちます。

View Detail

両ほほにできるシミを治す

スキンケア

女性ホルモンのうち、黄体ホルモンがメラニン色素を増やすことが原因でできるのが肝斑と呼ばれるシミです。これまでのレーザーはメラノサイトを活性化させ、メラニン色素をさらに増やしてしまうので肝斑には逆効果でした。しかしその後改善されたレーザートーニングという治療法により、肝斑も治療できるようになりました。

View Detail

お肌の悩みを解決する方法

フェイス

あざは目立つので、急な外出の時には目立たなくする工夫が必要です。足などのあざなら濃いめのストッキングで隠すことができます。顔のあざは傷が残った人用のファンデーションやコンシーラーを使って隠すことができます。根本的に消すのなら美容整形や皮膚科のレーザー治療が確実に効果がでます。

View Detail